【1890万件】さいたま安い引越し業者【口コミランキング】/人気で安い料金のおすすめはドコ?

kobetete.png

さいたまで家財引越しの料金相場や激安方法

2.png元運送業界の管理人が語る!

大きな家具など家財を引っ越しする大体の料金を確かめたいとき、どういった方法を使ったらいいのか知っていますでしょうか。

引っ越し日まで時間が少ないケースや、能動的に行う交渉や問い合わせが不得意な方に良いやり方をお教えしますね。

それは何かというと、WEBの一括見積もりサイトを経由して引越し会社に見積請求する、たったそれだけ。
こうすることで、一度だけの請求で多数の会社から見積を受け取ることが可能なのです。
各社の料金が取り揃えば、同じ家財引越しの条件でも、それぞれ会社ごとに値段が変わることに驚くでしょう。
なので、一度に見積を取り寄せるというステップが家財引越しの業者を選択する前に必ずしておくべきことです。

ダイニングセットや家電製品などの家財を送る時にチェックしたいのがクロネコの家財宅急便ですね。
ヤマトのグループ会社の、ヤマトホームコンビニエンスという業者です。ここは引越し会社です。
何が違うかと言うと、ヤマトの宅配は部屋の中から玄関の外、搬入作業もしてくれないので低めの価格設定です。一方、ヤマトホームコンビニエンスの家財宅急便の方は部屋から外へ搬出作業等、引越し会社のくくりなので御願いできます。料金は比較して高くなります。

2015-11-30_193203.png

そしてサカイ等の業者と価格交渉する場合は、このヤマトの家財宅急便の価格をベースに置いて、価格を下げられるか確認するといいです。
もちろん、業者の忙しさなどにより、ヤマトより安めの所を発見するパターンもあります。

こんな時、一番安いところを調べるなら、一括サイトの利用が良いです。
一社ごとに電話する手間が省けます。必要事項を入力さえすれば、スグにで料金を入手できます。

同じく業界大手の佐川急便が扱う、大型家具・家電設置輸送サービスというものもありますが、法人対象になります。

郵便局がやっているゆうパックだと、縦横高さの長さ制限が170㎝までなので、大体の家財は超えてしまうでしょう。

家財の引越しで損をしない方法


先述の通り、家財引越しの料金で得をするためには、一社ではなく複数社から見積もりを取る事が必要です。
「耳にしたことがある会社だからここに決定しよう」なんていうことで、他の業者から見積もりを御願いしなければ、値段はその会社の言い値になります。
思いの外高額になっている可能性もあり得ます。

しかし、たくさんの業者に自分で見積依頼をするのは非常に面倒ですよね。という訳でオススメしているのが、このような一括見積もりサイトからの見積り依頼の仕方です。

家財引越しをする場合の価格の相場や値下げ方法を知りたい場合、ネットの一括見積もりを利用したほうがいいと書きましたが、具体的に何故お勧めなのかをお伝えしますね。

1.通常通り見積もりを頼むより、見積もりサイトを使う方が値引き額が大きい
2.一括見積もりサイトなら1回だけの入力作業で最大10社まで一括で請求できるので手間が少ない

「大幅に安くなる」とは、引越し会社側の「競合会社に向けた対抗意識」をはっきりとさせて、価格競争をしてもらう、という手法です。
こちらから業者に面倒な交渉を持ちかけなくても、「サイトを使っている」つまり「ライバルと比べていますよ」という前提のもとの依頼になるので、業者も1回目から競合他社の価格を考え、価格を下げた見積書になるだろう、というわけなんです。

これなら、交渉事が嫌という方や、面倒になってついつい「早く決めてしまおう」となってしまいがちなタイプでも激安に出来そうですよ。

が、このやり方で大幅値引きをしてもらうのが可能なのは、「閑散期」と呼ばれる時期が基本で、春の新生活などで混雑する時期だと大幅に安くはならないかもしれません。

1件でも多く申し込みが欲しい!というスタンスの会社だったら、思い切った激安な見積もりを作ってくる事も多いので、積極的に複数社の見積りを取り、見比べるのがいいでしょう。こうして集めた見積書に目を通せば、相場も自然と分かると思います。

一番安い業者を選んでも良し、相場価格より割高ではない業者の中から、口コミ高評価のところを選ぶのもいいでしょう。
 

家財1点だけでも引越し業者は嫌な顔しないのでしょうか?


引越しとなると大きな家財や段ボールを何十個もとかなりの量の荷物を想像する人も多そうですよね。けれど洗濯機やソファだけ新居に持ち込みたいという方がかなり増えているようです。
同居人数が多かった昔は1人だと移動が出来ない荷物を男性にお願いすることが出来ていましたが、今は単身世帯が多いのがその理由です。
業者側にとっても大切な収益になりつつあるので、喜んで家財だけでも引き受けていますよ。
 

家財1点だけでも引越し業者は嫌な顔しないのでしょうか?


大きなサイズの家財を廃棄するには料金が必要になります。市区町村により料金は違いますが、3000円くらいかかってきます。
問題点は、重量のある物を玄関まで運ぶ事をしなければならない点です。その際も引っ越し業者が搬出作業をやってもらえます。
 

引越し荷物の一時預かりについて

torawkku.jpg

この業界にいない人はあまり知らない場合もありますが、リフォームや建替えなどで一時的に家の荷物をクリアにしたいとき 一旦預かるサービスを各会社で実施しているんです。
例をあげると、1ヵ月4トンほどの分量で4万円程度が相場になっています。4トンの荷物の量は大体4人分の荷物量になります。
価格は各社で違ってくるので複数社へ確認するのがいいですね。

家財を日通で引越しする場合日通でも家財1点の引越しにもちろん対応します。
料金概算を出してその都度教えてもらえます。必ず安いわけではなく、聞いてみないと分からない部分です。

我が家の家財の量を考えようにも、種類が多すぎて忘れてしまいがちです。

高さのあるベッドやクイーンやキングのベッド、迫力のある大型テレビなど、大型サイズの家財引越しも引越し会社の人が担当します。
大物はかなり訓練されたスタッフでなければ破損などのトラブルになる不安があります。信用できる大手をお勧めします。

wall-416060_1280.jpg

故障が発生しても決まりにより、保証対象になります。
トラブルがないのが大前提にありますが、万が一のとき保証のことでトラブってしまうのも引っ越し。
安全の実績を重要視しましょう。
kobetete.png